今、女子高校野球が増えている

高校野球は男子のイメージも強かったが最近は女子も負けてはいない現状だと思っている。
ここ数年ですが女子高校硬式野球部が増えていまして全国に広がっている。

甲子園の常連校や高校の女子高まで幅が広くなったと思われている。
この様な事で入学する生徒も多くなっていると言うが昔はこうした事はなかったと言う。

とは言え男子がこの様な事をする事が多かったが女子でもする人はが少なかった。
しかし、最近は男子部員と混じって練習に参加している女子部員もいるほど野球をしていると言う事になる。

現実は甘くはなかったと言うがこうした女子だけの野球部も出来るようになった事で活気に溢れている。
今年の女子野球の日本一を決めるジャパンカップでは準々決勝では高校が大学を破る事もあるとことで注目が集まったと言う。

卒業後はほとんどが女子野球がある大学に進学かクラブで続ける選手もいる。
中には女子プロ野球に入団する生徒もいると言う事になる。

今後も女子高校野球は増えるらしいが今後は中学生以下の普及と指導者の育成が課題となると言うが既に指揮者として戻っている人もいる。
でも、まだまだ不足と言う事てもっと増やすべぎたと言う事もあると言う。

今後は熊本やまだ女子野球がない北海道が創部の噂があるので注目だと思っているのです。

メジャー選手大量に出場するかも

ちょっと前に行われた第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラッシク)で大リーグに所属する選手が発表された。
今まではこの様な出場は認められなかったが前回大会ではドミニカ共和国は初優勝した。

ほとんどの選手が大リーグ選手と言うがほとんどがそのマイナーリーグから出場をしている。
こうした事なのか今回は認められている選手が多いと言う。

アメリカが多く南米を中心に発表をしているがオランダはヨーロッパ本土ではなく領土として参加をしている。
この時期にアメリカではFAフリーエージェントを利用して交渉をする選手が多い。

選手ではなく代理人がいる事で交渉をするので専念が出来る環境があると言う事になる。
また、他の国でも同じような事なのでハングリー精神はあると思っているかも知れない。

日本では既にメジャーで活躍をしている選手に呼びかけていると言うが参加の意思をしている選手はいないとらしい。
いずれは公表はすると思われていますが現段階では交渉をしているのでわからないと言う事になる。

キューバも同じように公表はないと言うがアマチュア時代から情報が管理しているのでこうした事は出せないと思っている。
予備登録はあると思われていますが来年2月には締め切られて本登録が明きからになると言う事になる。

更に選手が増えると思われていますのでどんな選手が出てくるのか注目だと思っているのです。

反対の場合もあると言うが

日本の敵と言うと「中東の笛」と言って主審などなるとサポータ―などから警戒心があると言う事になる。
その反対になると意外に「アジアの笛」と呼ばれているあると言う事になる。

つまりですが審判のひいきが試合を決めている事が有ると思われていると感じると言う事になる。
この様にして中東も含めいると審判に見方がいると事で言い訳をしていると感じる。

これが試合の決め手になってもいいのかと思われてしまいますがその様な事はしない。
試合の結果は既にわかっている事で言い訳にならないと言う事になると言う。

ひいきする事で言い訳になっているかも知れないと言う事なる事もあるらしい。
これでも会見になる事もあると言う阿野です。

この様な事を言う代表監督もいるのではっきりさせた方がいいと思っている。
でも、理解がわかる人ならこの様になると思われていると言う事になると言うのです。

昨日はギリギリで試合は勝ったが連勝しても順位は落とされているので納得が出来ないと思っているサポータ―もいると言う。
来週はアウェイなのさらに負けられないと思っているのが首位のオーストラリアと言う事になる。

これからどうなるのか今からが注目だと思っている事だと言う事になると言う。
落とすわけにはいかないと思っているかも知れないと言う事になるのです。

この問題が起きていると言う

新潟県の知事選が始まったがここは原発などの困惑をした事の知事の辞職で行うと言う。
原発で公約をしている候補がいるのかどうなのかと思いきや実は別の方向だった。

それは路線バスなどの廃止が相次いでいる事でこの様な公約が起きていた。
実はほとんどの人が自動車かバイクで行く人が多くバスを乗らいない人がいると言う。

高校によってはスクールバスもある所もあるがない所は寮か単車で通学を認められている所もある。
この様な問題もあるのでバスは必要不可欠であると言う事になる。

赤字路線が廃止に追い込までいる事でこの様な公約をしている立候補した。
しかし、原発の公約はどうなっているのかわからない状況になっている。

まずは足から考えたと思われているが高齢者の買物難民と言う事になる。
最近は郊外などに大型ショッピングセンターが出来た事でこの様な現象が起きていると言う。

近くにない事で難民が増えていると言う事になっている。
免許の返上する人もいるのでこの様な人もいると考えられると言う。

この様な事を防ぐ事で選挙の公約はしたと言う事になると思われている。
でも、この考えだと全国に先駆けているかも知れないと言うが難しいと思っている。

全国各地で原発などが影響はしていると言うがこの様な問題はどうなのか非常に気になる所だと言う。

今後はどうなってしまうのか注目が集まっていると思っているのです。

これを利用していると

スマホのカメラだと利用していると消耗が早いと言う事ですぐに充電をする事がある。
特に外出ではいろんな所で写真を撮っている事が多いので大変だと思われていると言う事になる。

こんな時にカメラを持参して撮っていくと言うが最近のカメラはWi-FIで送信ができるので便利になったと言う。
その場で写真を撮った後にスマホなどに送信してから画像を加工したりするので便利な点もある。

スマホなどの写真はブログやツイッター、ラインなどに文字と一緒に写真を投稿をしている事が多いと言う。
また、Facebookにも投稿をしている人もいる。

最近はインスタグラムに投稿をしている人もいますがほとんどがカメラなどから入れている。
私もこの様にしますが面白く感じていると言う事もあると言うのです。

カメラのお蔭てこの様にしていますがカメラにWi-Fi機能があると言うがICカードにもあるらしい。
これは普通の値段よりか高いと言うがこれはスマホやタブレット端末だけではない。

これはパソコンにも取り入れているので便利だと思っている所もあると言う。
しかし、スマホやタブレット端末に写真を入れるのでここで入れるようにしていると言う事になる。

この様にして何処からでも写真が遅れるので今では便利となったと言う事になる。
負担が重いので大変だと思っているかも知れないと言うのです。

これを挑戦するのかどうなのか

最近は「在宅ワーク」をするきっかけはいろいろだと言うがほとんどの人は育児や介護で辞めた人が多いと言う。
しかし、このような転勤を気に辞める人もいると言う事でこの様な事をしている。

私もハローワークで紹介の所を面接に行っても不採用が多かった事で悩みましたがこの仕事を始めてからは変わったとおもいました。
この様な仕事をもっと広めたいと思ってる人がいますがしかし、この様な仕事は広がらない事が大きいと言う。

と言うのも自宅に居てもサボっていると思われてしまう事やパソコンで仕事なんてつまらないと思っている人もいると言う。
また、資金が安いと思っている人もいると言うがそのような考えだとしない方がましだと言う事になる。

こうした、仕事を広めようと今、クラウドファインディングでしようとしている所があるらしい。
これはこのような仕事があると知ってほしいとこの様な活動が始まったと言う。

育児や転勤で会社を離れる事がある人にはつまらないと思っているかも知れないと言うがこれだと仕事として続けられる事がある。
この様な事で仕事が出来ると思っているかも知れないがいい事だと思っている。

これが成功すると全国でも仕事が増えるかも知れないと感じていると言う事になる。
今後は資金集めでこの様にすると言うが資金が集められるのかどうなのかこれからが勝負だと思っているのです。

40代 結婚できない

ここにも誕生する

今、女性が市長が県知事を務めるようになっていろんなで改善をしている。
鹿児島県は市町村長も含めるとこうした女性が所では就任をしてないと言う。

そんな中ですが鹿児島県も女性副知事の就任が明きからになったと言う。
これは現在の知事が就任当初から要望はしていたと言うがこの議会で提案された。

他の所は認めると言うが鹿児島でも最大派閥の自民党の意見がまとまらなかったと言う。
これは慎重になった理由が就任の時期と言う事になる。

県予算などある事で新しい副知事の就任がずらしたいと思っていた。
知事も要請に来た事でこの話がまとまったと言う事になる。

やはり東京都知事の事もあったのか今日になって決まったと言う事になると言うのです。

今日の県議会で提案された事で正式に決まる事になると言う事なる。
これが県内にとって女性が市町村長以外で始めて就任する事になると言う事らしい。

鹿児島は男性が仕事で女性が家庭を守る事が多かったと言うが今は女性も仕事をしている人が多いと言う。
こうした事をふまえて子育てや介護などいろんな事があると思われている。

今回の女性副知事がどう解決につながるのか今からが楽しみな所もあると思われている点もある。
ここからどう変動するのか今からが注目だと思っているのです。

これも減っていると言うが

テレビ番組も最近はこの様な事が減っていると言うのが「生放送」と言うが野球中継もこの様になっている。
昔は生放送は歌番組や野球中継などがこの様にしていたと言うが最近はこの様な事が減った。

バラエティー番組などは録画する事が多く人気スターが忙しいのでこの様になったと言う。
歌番組ではこの様にしている所もあるが一部では録画をしている所もある。

こうした改革をしたのがNHKで今までの若者も歌番組を終えて歌謡番組と一緒に統合したと言う。
これが効果が出たのか見る人も増えたと言う事になる。

時間帯が変更してこの様な効果もあったと言う事もあるので成功はしたと言う。
でも、民放は難しい所もあると言う事もあると思われている。

そして、野球中継も今までの地上波よりかここ数年でBSやCS放送に変更した事で生放送で見られるようになった。
これだと最後まで試合が見れるので生放送が面白くなったと思うしかないと言う。

この様にして生放送でしている所で終了があったりとこうした事が増えていることで敬遠をしている人もいる。

こうした事でテレビばなれが進んでいると見たい番組や面白い番組がないとそうなる。
将来的には月9も消えると思われていると言うのです。

今後はどう改革をしたいのか注目だと思っているかも知れないと言うのです。

フェイスブックで知り合った女の子と食事に行きました

先日、フェイスブックで知り合った女の子と食事に行きました。それまでリアルに会ったことはなく、メッセージでやりとりをして知り合いになった人です。7歳年下で看護師をしています。
僕の方から食事に誘うと、「休みが不定期なので時間が合えば」というお返事が返ってきました。出来る限り僕が予定を合わせるようにし、仕事帰りの夜の食事に行くことになりました。
お互い好きなものがいいと考え、彼女の方から出た提案で、近くのパスタのお店に行くことになりました。
お互い、そのとき初めて会うのでもちろん緊張していました。その日は彼女の仕事が忙しかった関係で、1時間以上待たされることになりましたが、仕事なので仕方がないと割り切ることができました。
食事しながら面と向かって話をするというのはなかなかやりにくいものだなと思いました。話す内容は考えていたのですが、相手の表情や話の流れなどもあり、なかなか出てきませんでした。
遅くなってしまった関係で、結局1時間半程度の会食になってしまいましたが、最初はそれくらいでよかったと思います。
何気なしに「次もご飯行けたら行きましょう」という風に話をしたので、それとなく次に繋がった気はします。
とりあえず何でもやってみること、結果は失敗に終わっても、経験が一番大事だと思いました。

父とプロ野球観戦に行きました

先日、父とプロ野球観戦に行きました。野外球場で、車で1時間半ほどかかる場所です。行きは父が、帰りは私が運転をし、無事に事故なく帰ってくることができました。
お天気は大丈夫かと思われましたが、大粒の雨が降り続くこともあり、想定外でした。しかし、試合は開始が20分遅れただけで、中止になることなく、また終了もそれほど遅くなることなく、完了しました。応援しているチームは負けてしまったのですが、合計6本のホームランを見ることができました。
また、非常にきれいな球場で、風を感じ、ドーム型の屋内球場とは違い、野球の本来の醍醐味を味わうことができました。
あいにくのお天気ではありましたが、夏の風物詩、花火の打ち上げも行われ、非常にたくさんのお客さんが球場に足を運んでいました。
席も満席に近く、試合が一方的になってしまったことと、雨が降ってしまったのが非常に残念でした。
毎年、月に1回程度、プロ野球を見に行くのですが、今年はもうこの試合が最後になるかもしれません。
シーズン中の楽しみがなくなってしまうのは少し寂しい気もします。
今年最後の試合に負けてしまったのは非常に残念ですが、また来年も行けたらいいと思います。
早くも来年が楽しみです。
マジックボイス