メジャー選手大量に出場するかも

ちょっと前に行われた第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラッシク)で大リーグに所属する選手が発表された。
今まではこの様な出場は認められなかったが前回大会ではドミニカ共和国は初優勝した。

ほとんどの選手が大リーグ選手と言うがほとんどがそのマイナーリーグから出場をしている。
こうした事なのか今回は認められている選手が多いと言う。

アメリカが多く南米を中心に発表をしているがオランダはヨーロッパ本土ではなく領土として参加をしている。
この時期にアメリカではFAフリーエージェントを利用して交渉をする選手が多い。

選手ではなく代理人がいる事で交渉をするので専念が出来る環境があると言う事になる。
また、他の国でも同じような事なのでハングリー精神はあると思っているかも知れない。

日本では既にメジャーで活躍をしている選手に呼びかけていると言うが参加の意思をしている選手はいないとらしい。
いずれは公表はすると思われていますが現段階では交渉をしているのでわからないと言う事になる。

キューバも同じように公表はないと言うがアマチュア時代から情報が管理しているのでこうした事は出せないと思っている。
予備登録はあると思われていますが来年2月には締め切られて本登録が明きからになると言う事になる。

更に選手が増えると思われていますのでどんな選手が出てくるのか注目だと思っているのです。