«

»

12月 10

この問題が起きていると言う

新潟県の知事選が始まったがここは原発などの困惑をした事の知事の辞職で行うと言う。
原発で公約をしている候補がいるのかどうなのかと思いきや実は別の方向だった。

それは路線バスなどの廃止が相次いでいる事でこの様な公約が起きていた。
実はほとんどの人が自動車かバイクで行く人が多くバスを乗らいない人がいると言う。

ファリネ 効かない

高校によってはスクールバスもある所もあるがない所は寮か単車で通学を認められている所もある。
この様な問題もあるのでバスは必要不可欠であると言う事になる。

赤字路線が廃止に追い込までいる事でこの様な公約をしている立候補した。
しかし、原発の公約はどうなっているのかわからない状況になっている。

まずは足から考えたと思われているが高齢者の買物難民と言う事になる。
最近は郊外などに大型ショッピングセンターが出来た事でこの様な現象が起きていると言う。

近くにない事で難民が増えていると言う事になっている。
免許の返上する人もいるのでこの様な人もいると考えられると言う。

この様な事を防ぐ事で選挙の公約はしたと言う事になると思われている。
でも、この考えだと全国に先駆けているかも知れないと言うが難しいと思っている。

全国各地で原発などが影響はしていると言うがこの様な問題はどうなのか非常に気になる所だと言う。

今後はどうなってしまうのか注目が集まっていると思っているのです。