«

12月 16

反対の場合もあると言うが

日本の敵と言うと「中東の笛」と言って主審などなるとサポータ―などから警戒心があると言う事になる。
その反対になると意外に「アジアの笛」と呼ばれているあると言う事になる。

つまりですが審判のひいきが試合を決めている事が有ると思われていると感じると言う事になる。
この様にして中東も含めいると審判に見方がいると事で言い訳をしていると感じる。

これが試合の決め手になってもいいのかと思われてしまいますがその様な事はしない。
試合の結果は既にわかっている事で言い訳にならないと言う事になると言う。

ひいきする事で言い訳になっているかも知れないと言う事なる事もあるらしい。
これでも会見になる事もあると言う阿野です。

この様な事を言う代表監督もいるのではっきりさせた方がいいと思っている。
でも、理解がわかる人ならこの様になると思われていると言う事になると言うのです。

昨日はギリギリで試合は勝ったが連勝しても順位は落とされているので納得が出来ないと思っているサポータ―もいると言う。
来週はアウェイなのさらに負けられないと思っているのが首位のオーストラリアと言う事になる。

これからどうなるのか今からが注目だと思っている事だと言う事になると言う。
落とすわけにはいかないと思っているかも知れないと言う事になるのです。